『きたがわふるさと寄附』のお申込みは 
Wu_ilYpdIIRMwv81483520703_1483521003.gifWu_ilYpdIIRMwv81483520703_1483521129.gifWu_ilYpdIIRMwv81483520703_1483521290.gif

2017年01月23日

北川村のジビエ食材。

北川村は村の9割強を森林が占めています。

そのせいか、昔から山に入って"猟"で猪や鹿を捕獲する人が多く、
家庭で猟をしてさばいた猪や鹿肉を料理して食べる事も一般的です。

『嫁に来て、皮のついたままの猪をさばいて料理する事を覚えた。』

と話してくれるおばちゃんの調理の様子話の内容が生々しくてあせあせ(飛び散る汗)

もともと、お肉類全般が得意でない私にとっては"ジビエ"食材は
更に苦手意識が働きます。

更に更に、そんなおばちゃん達の生々しぃ調理方法を聞くと、想像力豊かな
私には、口にするにはとてもとてもハードルが高くなる「猪・鹿肉」。


でも、しかし、そんなお肉が苦手な者でも『美味しいぴかぴか(新しい)』tと無理なく食べられたのが
村のイベントで北川村の猟友会さんが出品する【鹿の焼肉】。

CIMG3205.JPG

猟友会さんが作った手製のタレ漬けにして、猟友会さんが焼きます。
くさみがなく、やわらかい(@_@)かわいい

猪肉も、鹿肉も、捕獲した後の処理、"血抜き"の巧さで味や質が決まってしまうそうです。
ヘタな処理をしてしまうと独特のくさみが残って食べられたもんじゃないとか。

北川村の"ジビエ食材"の評判がいいのは、この処理技術の高さだとお聞きします(^_^)

北川村の中にはそんな熟練の狩猟者で発足させた食肉処理業者

『ヘルシーミートゆずのむら』さんがあって、

IMG_3844.JPG

昨年からふるさと寄附のお礼の品に北川村の鹿肉を使ったソーセージを提供してもらっています。

IMG_3817.JPG

2016-06-26 11.54.47.jpg

そして、新しく昨年発足した「土佐の里山グループLLC」さんが、今月1月から
猪・鹿肉の提供を開始してくれました。

IMG_5516.JPG

猪・鹿肉のスライス真空冷凍パック。

IMG_5495.JPG

鹿肉スライス

IMG_5499.JPG

猪肉スライス盛合せ。


焼き肉、すき焼き、野菜炒め、猪鍋...
猪・鹿肉は、高タンパク、低脂肪、低カロリー。
女性にもおすすめのヘルシー食材です。
ぜひ一度お試しください(^_^)







posted by ゆずゆず at 16:25| ふるさと納税返礼品

2017年01月06日

人気『かんばもち』。まもなく終了。


北川村が位置する高知県東部には冬の定番のおやつ

“かんばもち”

があります。

かんばもちセット.jpg

ふるさと寄附のお礼の品に用意したところ、予想以上の人気でたくさんのお申込みがありました(^_^)

“かんば”とは「干し芋」のこと。

干し芋ともち米で作ったシンプルなお餅が“かんばもち”。

高知県東部地区出身者はほとんどが「あたりまえ」にある食べ物なのですが、同じ高知県人でも
東部地区以外の方はあんがい馴染みがないようです。


北川村にある<岡島精米所>さんが、どうも、かんばもち発祥のお店のよう。

そう、かんばもちのパイオニアぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)らしいのです(=_=)手(チョキ)

そして、北川村でかんばもちを作っているのは岡島さんとこだけ。

東部地区には他にもかんばもちを作っているお店はあります。

でも、岡島さんちはココが違う!!!

ココ@
使うサツマイモは自家製。

芋畑1.jpg


岡島さんちの芋畑。

芋畑5.jpg

お芋は機械で掘り出しません<(`^´)> 「手」です。

芋畑11.jpg

鋤、スコップ......手。

芋畑10.jpg

おぉぉぉぴかぴか(新しい)

芋畑7.jpg 


ココA
次も手作業。

IMG_4780.JPG

皮を包丁で剥いで

IMG_4781.JPG

ボコボコのところも削いで

IMG_4783.JPG

『私がお嫁に来た時からおばあさん(お姑さん)が使いよった』

というカンナのようなデッカイ削り器で、リズミカルにどんどん削っていきます。

IMG_4785.JPG

かんばもち。の原料はサツマイモともち米、砂糖ととってもシンプル。

もち米も、もちろん、『岡島精米所』というくらいですから、自家製です(^_^)

ココB
やっぱり手作業。

干したサツマイモともち米をふかして、突き込んでつくったお餅の形を整えるのも手作業。

そして、カットしたかんばもちを作るのも手作業。

IMG_4870.JPG

カットして、

IMG_4868.JPG

グラム数を量って

IMG_4872.JPG

袋に詰めて、真空パックするのも手作業...

ココC

一番おいしいぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

[注]
自称“かんばもち”ソムリエ(勝手に名称しましたたらーっ(汗))。
幼い頃からウン十年。毎年毎年色々なお店のかんばもちを食べてきて、かなり詳細に、熱く、自信満チキに“かんばもち”を語れる自信のある私の私的な「評」である事をご容赦あれ<(_ _)>


岡島さんちのかんばもちはどこよりもサツマイモの香りと味がします(^_^)
優しい味がします(^_^)
心もあったまります(^_^)

びっくりするほどの手間をかけていますが他のお店より安い!!です。

おばちゃんは言います。

『美味しかった。わざわざ買いに来た。また買いに来た。コレを待ちよった...
お客さんに言われたら嬉しぃてね。大変やけんど、けんど、皆が喜んでくれるき、頑張ろうと思うて続ける気になるがよ』


毎年、秋に収穫したサツマイモがなくなったら製造が終了です。

今年用意したふるさと納税お礼の品「かんばもち」は1月25日(水)を最終の受付日とさせて頂きます。

次はまた今年の秋。

ふるさと納税をなされている方はぜひ、「かんばもち」、試してみてください(^_^)




posted by ゆずゆず at 16:26| ふるさと納税返礼品

2016年12月28日

北川村の米。

北川村のお米。

と聞いてもまぁぁったく耳慣れないと思います(^_^;)

そもそも、高知県の特に東部(北川村が位置する地区)の方ではお米が美味しくて有名な地域って聞きませんよね。

『海が近いもん』

『あったかいもん』

と、言われますが。

しかし、北川村のお米、美味しいんです。

もちろん、やっぱり村の中でも地区によって違いがあります。
北川村は海から少し山の方に入った場所に位置しますが、それでも、「下」の方は海に車で10分そこそこ。
海に近い場所です。

でも、北川村はそこから山の方にまだまだ、車だったら...1時間以上、奥に広がる村。
だから、海から離れるほどにお米が美味しい。
しかも、標高も少しずつですが高くなっていくので、気温の寒暖差もあります。

美味しいぃぃお米があるんです(*^^)v

IMG_5294.JPG

今回、ふるさと寄附返礼品用に初めて「北川村の米」として用意しました。

【維新の風】。

米袋には村が誇る幕末の志士<中岡慎太郎>の家紋を使用。
ふるさと寄附でお申込みを下さった方限定です。

今回は、村の中でエリアごとにお米を分けて用意する事ができなかったので、
まずは北川村で育てて収穫したお米を用意していますが、
お試しくださった方々の反応を参考にしながら、エリアごとのお米を用意していきたいなぁとも考えています。

「ふるさと納税」をご利用の皆さま、ぜひ一度、北川村の米をお試しください。


【北川村のふるさと寄附は】

■北川村HP<ふるさときたがわ寄附>ページから

■ふるさとチョイス 北川村ページから

■【楽天市場】ふるさと納税 北川村ページから



posted by ゆずゆず at 15:17| Comment(0) | ふるさと納税返礼品